自発動、ひとり操体法

仙台市泉区八乙女中央の仙台操体医学院 今治療院の今貴史です。

今回は、私が以前体験したことを書いてみたいと思います。

朝方、、、変な夢を見ていて
とつぜん全身が痙攣して目が覚めました。

布団をかけて寝ていても物凄い寒気がして
やばいっと思って直ぐに起き上がりました。

起きても痙攣と寒気は治まらず
どうしようもなくて
とりあえず味わいました。

ベットから起きたり
トイレに行ったり
一人操体法してみたり

色々やってみました。

一人操体法をしてる途中で
頭の天辺から妙な声みたいなのが聞こえてきました。

『余計なコトはスンナ』

とってもあったかい感じ。

そこで、ハッ!っと
痙攣は悪いもんではなく
自分を調整する自発動と気が付きました。

とにかく終わるまで味わおう……。
約30分くらい自発動が続きました。

30分過ぎたくらいでようやく治まってきて
全身に血が行きわたる感覚がきました。

とくに前腕から手にかけて
パワーがみなぎってくるような
ものすごく暖かいボールを持ってるような
感覚になりました。

そしたらいつの間にか寝てしまって
気付いたら朝になっていました。

身体からのメッセージに気付いてあげられなくて
きっと身体が怒ってしまったのかな。

ごめんね、身体さん。
ありがとう、身体さん。

午前中に今先生と河原田さんに
身体を診て頂いて
すごく楽になりました。

自分で調整するのと
ヒトに触れて頂くのでは
心地よさ、気持ち良さのレベルが全然違くて
とても幸せな気持ちになりました(^_^*)

身体の無意識な動きは、自分の身体を調整している動きで
決してわるいものではありません。

たまにビックリされる方もいらっしゃいますが
必要があって出ている動きで、必要がなくなれば自然と治まります。

操体法の面白いところはこういった自然の動き、無意識の動きで
身体が自然と調和をとってくれるというところです。

コメント


認証コード9450

コメントは管理者の承認後に表示されます。