今 昭宏 (こん あきひろ) 仙台操体医学院代表

        画像の説明

    仙台操体医学院 今治療院 代表

1956年 山形県の小国町で生まれました。
  私が生まれた時、すでに姉が二人おりまして、
  私はみんなにかわいがられて育ちました。
  (今も少しかわいい)

   私は小学生の時、夏祭りの太鼓の音に魂が踊り、
  和太鼓に興味津々、少しやってみたことがありました。
 
小学校五年生の時、スキー大会で見事準優勝。
将来はプロスキーヤーも視野に入れてわくわく考えます。
(考えが甘かったことは次の日にわかりました)

中学生の時は魚釣りばかりして過ごしました。

でも高校ではなぜか甲子園を目指す高校球児、ピッチャーでした。
三年生最後の試合、惜しくも甲子園予選二回戦で敗退。
プロのスカウトは来ませんでした。(あたりまえだ)

高校を卒業して、私は小国町立病院で働きました。
レントゲンとリハビリテーションの仕事でした。

この頃からなんとなく私は医療の世界に引き込まれて
ゆく設定なのですが、
何を考えているのかミュージシャンを夢見て友達と
ロックバンドを結成しました。(そっちに行ったか~)

私はドラマーでした。
ヘタでしたが上手だと思って演奏していたんですね。
おもしろいですね楽しいですね。

22歳の時私が仙台の鍼灸学校に入ることになってバンドは解散。
あれからかれこれ40年、現在に至るわけです。

1981年 仙台赤門鍼灸柔整専門学校卒、鍼灸指圧師。
     赤門操体研究会在籍

1981年 三浦 寛先生より操体を学ぶ。
    
1983年 操体法の創案者、橋本敬三先生の温古堂診療室に勤務、
     橋本敬三先生の代診を務める。
    橋本敬三先生の直接指導(おしかり)を受け、約5年間過ごす。
    「温古堂ものがたり」参照

1987年 仙台にて操体医学研究所、今治療室開業
     操体法による治療、全国各地で操体法の講演を行う。
    操体法仙台定期講習会(月一回)を開始。

1993年 池上六朗先生創案の三軸修正法に出会い、三軸修正法と
     操体法をミックスした「三軸操体」を考案する。

    以後、皮膚の操体、骨の操体、圧痛操体、快高圧操体、
    と操体の応用実践研究と指導を行う。

2011年 震災の翌月、操体師(整体師)を養成する仙台操体医学院を設立。

2014年、杉本錬堂先生より天城流湯治法を教わる。
2015年、天城流湯治法指導者補となり、操体法と
     天城流湯治法の合作「天城流操体法」を研究。
2018年、天城流湯治法師範となる。



晩年の橋本敬三先生の想いを引き継いで、進化して変化することを恐れずに
操体を楽しくわかりやすく表現して伝えてゆきたいと思っています。

  人は、ほんの一歩を踏み出すことで、出会いが生まれ
  人生そのものが豊かで楽しいものになることがあります。

 
 

今 貴史 (こん たかし)副代表 / 専任講師

         画像の説明

2011年9月 仙台操体医学院を卒業、整体師(操体師)認定
2011年9月 今治療院、副院長として勤務。
2012年4月 仙台操体医学院、アシスタント講師認定
2013年4月 仙台操体医学院、講師認定
2014年2月 コンタンの操体セミナー開催

資格

  • 仙台操体医学院認定 操体師
  • 仙台操体医学院認定 整体師
  • 仙台操体医学院認定 操体法アシスタント講師
  • 仙台操体医学院認定 操体法講師
  • NPO法人 錬堂塾認定 天城流湯治法 湯治士補
  • ~操体法を学ぶきっかけ~

当時18歳の私は特に操体法を学んでいたわけでもなく、
身体のことに興味があるわけでもなく、なんとなく父のしている仕事に
興味がありました。

父は、将来資格を持っていた方がいいかもしれないね〜と
父が卒業した赤門鍼灸柔整専門学校を推薦してくれました。

父の推薦もあって、私は無事に赤門へ進学することができました。
しかし、右も左もわからない私は解剖学や生理学の難しさにビックリしてしまいました。

私は途中で進路を変更し、いろいろな仕事をやってみることにしました。
土方の仕事をしてみたり、コールセンターで働いてみたりと
約2年間転々としていました。

そんなある日、友達の家で遊んでいると
友達のお嫁さんが「肩と腰が痛い~...」とつぶやいていました。

操体法を少し知っていた私は、ためしにやってみることにしました。
ほんの軽いキモチで操体法を行いました。

すると嘘のように腰痛・肩こりが解消してしまったのです。

友達のお嫁さんはビックリ仰天しています。

「すごく楽になった!ありがとう!」と大喜びしてくれたのです。
私はこのときすごく感動しました。
人の役に立てて喜んでもらうことができた。


とても単純な私は
「操体法をちゃんと教えてもらいたい」というキモチがすぐに芽生えました。

翌日、私は直ぐ父に昨日あったできごとを話ました。
今先生は「一人だけに教えるよりもみんなに教えた方楽しそうだナァ。学校でも作ってみようか(^^)」と言ってくれました。

仙台市にいる先生方の協力を得て
名前は、仙台操体医学院という名前に決まりました。

それから、場所探しです。
みなさんが通いやすい地下鉄沿線で
いいところがないか探していました。

ちょうど泉区の八乙女にいい物件があって
そこを借りる契約書を書いているときです。

3月11日、14時46分・・・突然大地震がやってきました。
契約をしようとしていたビルは斜めに傾いてしまって
契約ができなくなってしまいました。

こんな状況じゃ学校はできないかもしれない。
父と操体の学校は一旦やめにする話もしました。

しかし、有難いことに「仙台操体医学院 入学希望」という入学を希望するメールが
次々と入ってきます。

色々な経緯がありましたが、お陰様で2011年4月
「仙台操体医学院」が開校する事になりました。

今現在(2022年)も仙台操体医学院にて父と一緒に
講師をするまでに成長する事が出来ました。

この感覚を大切に、今後も操体を学び続けようと思います。

「操体はホドコシにあらず、ハカライなり」


 今 泰貴 (こん ひろき) アシスタント講師

          画像の説明

2014年5月 仙台操体医学院を卒業、整体師(操体師)認定
2014年5月 今治療院、操体師として勤務。
2015年2月 仙台操体医学院、アシスタント講師認定
2015年7月 人生勉強の旅へ出発

資格

  • 仙台操体医学院認定 操体師
  • 仙台操体医学院認定 整体師
  • 仙台操体医学院認定 操体法アシスタント講師